2017/05/03

ばれない嘘は、ウソか真実か。

おはようございます。

昨日お越し下さいました皆様ありがとうございました。

先日、小学生の女の子三人組にご来店頂きました。入ってきて、一人の女の子の電話がなります。

「もしもし、今ね駄菓子屋さん。うん、はーい」

ズテーンッ!!

どうも、駄菓子屋のCACAPONです。小学生にとってみれば「チョコレート工場」も駄菓子屋さんになるのです。ありがとうございます。

一人の女の子が漫画冊子を見ていて「ねぇ、この人に似てない!?」と友達と見合わせていました。「ん!?どれ?」と聞くと、名探偵コナンの「工藤○一」を指さしているんです。

いやぁ、最近の小学生は素晴らしい!!!!!!! 私が言ったわけではなく、純粋な小学生の目から見える世界です!! 自分でも思ったことないですよ。ショーケースのチョコレートを上げたい気持ちになりました。お世辞でもね、ありがとうございます。

「クラスに好きな男の子はいるの?」と聞いたところ...

「いない。います。というか付き合ってるやん。いません」
2対1....

いろいろと男の子たちの事を言っていました。女性は怖いものです(笑)小学生ならではの視点。とても楽しませてもらいました。

「将来なりたい職業は何ですか」と聞きました。

「小説家!! 幼稚園の先生!! 看護師!!」と三人三様しっかりと夢を持っていました。小説家になりたいという女の子は「森絵都さんのつきのふね」を読みましたとも言っていましたね。本が好きなようでした。

彼女たちが大人になった時、地域や日本はどういう姿をしているでしょうか。三人の”夢”が現実になっていると嬉しいな。”夢”が途中で変わったとしても、素晴らしい将来になりますように祈ってます。

「これから駄菓子屋さんに行くの。明日、遠足だから」

お父さんお母さんが働いたお金、大事なお小遣いの中からCACAPONのチョコを購入して頂き、ありがとうございました。今度来るときはクラスメイト全員引き連れて、もしくは社会人になった姿で来るのでしょうか。

元気で仲良しな三人組。それぞれ性格が違い個性を感じました。三人から「お店」という事を改めて考えさせられました。小学生時代に駄菓子屋さんに行っていた記憶がなつかしいです。

彼女たちが成長していくなかで、再度来てもらえるようにCACAPONも成長していかないといけません。

子供たちの笑い声、元気をもらいました(^_^)

ありがとう。
それでは

今日も一日ファイトです!!

-ON THE ROAD- CACAPON

0 件のコメント:

コメントを投稿